ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの写真撮影場所の変更。


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー(Euphorbia characias 'Tasmanian Tiger')の写真・画像

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )です。

写真撮影の場所を変更してみました。
古いモルタル壁を背景にして撮っています。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー(Euphorbia characias 'Tasmanian Tiger')の写真・画像

無機質な素材を背景に使った方が
植物の質感が上手く出るような気がしたので…。

後は撮影者の腕の問題ですね(汗)。
これはもう…どうしようもない(涙)。

ちなみに、前回の記事で葉がヨレヨレしている感じでしたが、
どうやら水切れが原因です。

乾燥に強い、と言われているユーフォルビアですが
やはり水は必要。

水をたっぷりあげるようにしてから
見る見るうちに葉の状態が回復してきました。

通気性の良い用土に植え付けてある場合は
やはり水やりはたっぷりしなければ。

ただし、通常の(特に有機質主体の)培養土で育てている場合は
ユーフォルビアの夏場の管理には注意が必要です。

ユーフォルビアは暑さには強いのですが過湿(=酸素不足)に弱いため
保水性の高い用土で水やりの頻度が多いと
ほぼ間違いなく夏場に根腐れします。

水遣りの加減も大事ですが、
それよりも通気性の良い用土に植え付けた方が良いです。

アドセンス関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告