ユーフォルビア・ミルシニテスその後。


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

ユーフォルビア・ミルシニテス( Euphorbia myrsinites )の写真・画像

ユーフォルビア・ミルシニテス(ミルシナイツ)
( Euphorbia myrsinites )です。

ユーフォルビア・ミルシニテス(ミルシナイツ)の写真・画像

花茎を剪定してから1か月ほど経ちます。

ユーフォルビア・ミルシナイツ( Euphorbia myrsinites )の写真・画像

少し枝数が増えたかな?
株のボリュームはそれほど変化がありません。

ユーフォルビア・ミルシニテスの写真・画像

水遣りは毎日たっぷりと行っています。

通常の培養土の場合は暑い時期に水やりが多過ぎると
過湿で枯れる、と言われていますが
通気性の良い用土に植え付けていればその心配はありません。
先週はほぼ毎日30℃以上の真夏日(確か35℃以上になった日も…)でしたが
根腐れを起こす株はありませんでした。

やはり「湿害=用土内の酸素不足」と言う認識で間違っていないな、と。

植物を育てるのが上手な方は植物や土の状態を見ながら
水遣りの頻度を調整できるので一般的な培養土でも育てることができるのでしょうけど、
(だから水やり三年、なんて言いますよね)
その植物に合わせた用土に植え付けた方がその後の管理は楽です。

アドセンス関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告