カロケファルス・プラチーナの育て方


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)の育て方・栽培方法

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は、
キラキラと輝く雪の結晶のような株姿が特徴のシルバーリーフです。

雪や氷をイメージさせるビジュアルからか、
秋から冬にかけて苗が出回ります。

このページでは、「ガーデコ流!」の育て方をご紹介します。

「ガーデコ流!植物の育て方」とは?


カロケファルス・プラチーナの基本データ

学名:Calocephalus brownii
別名 : クッションブッシュ、シルバーブッシュなど
分類:キク科の常緑小低木(冬期常緑種)
草丈:約30cm
花色:黄色
耐寒性:ふつう(霜に当たらない程度)
耐暑性:やや弱い
耐乾性:強い
耐湿性:やや弱い
日照条件:日向~半日陰(夏は半日陰)


カロケファルス・プラチーナの栽培環境

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
基本的には日当たりの良い環境を好みます。

ただし、夏の高温多湿に弱いため
鉢植えにして夏は半日陰で管理するのが好ましいです。

カロケファルス・プラチーナの植え付け用土

ガーデコ流!では根の呼吸がスムーズに行えるように
通気性の良い「多孔質培養土」をおすすめしています。

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
過湿に弱いため、通気性の良い用土に植え付けることが重要です。

カロケファルス・プラチーナの水やり方法

カロケファルス・プラチーナは乾燥に強く過湿に弱い性質があります。

通常の培養土だと過湿になりがちなので、
やや乾燥気味に育てた方が失敗が少ないです。

多孔質培養土のように通気性に優れた培養土の場合は
根腐れ等の心配は少ないのでたっぷり水を与えて下さい。

カロケファルス・プラチーナの肥料の与え方

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
肥料分をほとんど必要としません。
強いて言うなら春か秋に緩効性肥料を与えるか、
1週間~10日に1度液肥を与えます。

肥料の与え過ぎは逆効果になるので、必要に応じて与えるようにしましょう。

カロケファルス・プラチーナの剪定・切り戻し方法

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
株が蒸れると弱ったり枝が枯れ込んだりするので
梅雨に入る前に枝が混み合っているようなら
風通しが良くなるようにすいて下さい。

カロケファルス・プラチーナの病害虫防除

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
ほとんど病害虫の被害に遭いません。
完全無農薬でも育てることができますよ。

カロケファルス・プラチーナの増やし方・殖やし方

カロケファルス・プラチーナ(クッションブッシュ、シルバーブッシュ)は
挿し木で増やすことができます。

挿し木の適期は春(4月~5月)と秋(10月~11月)で、
切り戻した枝を挿し木用土に挿しておくと発根します。
(どちらかというと発根まで時間がかかります)

発根が確認できたら小さな鉢やビニールポットなどに植え付けます。

ガーデコ流!カロケファルス・プラチーナ育て方まとめ

・日向で育てるのがオススメ!ただし夏は半日陰で管理。

・用土は通気性の良いものが◎!

・過湿に弱いので、水遣りは用土の乾き具合を見てから。

・肥料はほとんど必要無し。強いて言うなら春と秋に緩効性肥料を。

・株が蒸れに弱いので、風通し良く枝を透かすように剪定。

・病害虫の心配はほとんど無いので無農薬でOK!

・挿し木で増やせます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告