鉢植えのバラ、ボレロ( Bolero )の二番花。


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

鉢植えのバラ、ボレロ(Bolero)の二番花

鉢植えのバラ、ボレロ( Bolero )の二番花が咲きました。

少し前からちらほらと咲いてはいたのですが、
ホソオビアシブトクチバの幼虫による食害で蕾に穴を空けられていて
あまりに残念な感じだったので撮影しませんでした(涙)。

二番花とは言え花弁数も多く、香りも強い。
ボレロは良いバラだな、とつくづく思います。

鉢植えのバラ、ボレロ(Bolero)のベーサルシュート

ちなみに株元からベーサルシュートが伸びてきています。

花を咲かせてから他の枝とのバランスを見て剪定する予定です。
切り取った枝は挿し木にしてみようと思っています。

ちなみに、病気には全く罹っていません。
黒点病が蔓延する時期なのですが
ボレロはその兆候すら無い(汗)。

ホソオビアシブトクチバの幼虫による葉や蕾の食害があるので
完全無農薬で手間いらずに育つわけではありませんが
とても丈夫なバラですよ。

ガーデコ流!のボレロの育て方

現在、ボレロは10号スリット鉢で管理しています。
約80センチ程度と樹高は高くなりませんが、
横張り気味に枝を伸ばすため広めの栽培スペースが必要です。

水はけ・通気性の良い用土に植え付け
生育期は水やりを毎日たっぷりと行います。

肥料は3月から7~10日間隔で規定量に薄めた液肥を与えています。
( 曇りの日が続くようなら葉面散布も)

おすすめの液肥、ペンタガーデンPRO

現在、病害虫への対策はしていませんが(ほぼ放置)、
今後は薬剤散布も検討していきます。
(完全無農薬でどのような状態になるのか確認できたため)

ちなみに、ボレロは無農薬でも病気には罹りづらい丈夫な薔薇です。
どちらかと言うと水切れや根腐れなどで根にダメージを受けると
地上部(葉っぱなど)に異常があらわれるケースがほとんどです。

葉っぱに異常があらわれたとしてもすぐに病気を疑うのではなく、
水切れや根腐れ、肥料過多もしくは肥料切れなど
普段の管理に問題が無かったかチェックしてみましょう。

アドセンス関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告