ティアレラ・スプリングシンフォニーの育て方

ティアレラ・スプリングシンフォニーの育て方・栽培方法

ティアレラ・スプリングシンフォニーは、
黒褐色の斑入りで深い切れ込みのある葉と
淡いピンクの柔らかい印象の花が特徴の宿根草(耐寒性多年草)です。

耐陰性が強く、日陰でも花付きが良いので
日陰の庭(シェードガーデン)には欠かせない植物だと思います。

このページでは、「ガーデコ流!」の育て方をご紹介します。

「ガーデコ流!植物の育て方」とは?


ティアレラ・スプリングシンフォニーの基本データ

学名:Tiarella ‘Spring Symphony’
分類:ユキノシタ科の耐寒性多年草(冬期常緑~半常緑)
草丈:約30cm
開花時期:4月~6月
花色:淡いピンク~白
耐寒性:強い
耐暑性:やや弱い
耐乾性:やや弱い
耐湿性:ふつう
日照条件:半日陰~日陰


ティアレラ・スプリングシンフォニーに適した栽培環境とは?

ティアレラ・スプリングシンフォニーは耐陰性が強く、
日陰でも花付きが良い植物です。

もちろん半日陰や日向でも育てることは可能ですが
夏場の直射日光に当たると葉焼けします。
乾燥した環境も好きでは無く、夏越しがやや難しいです。

日陰でも十分花は咲くので、
涼しくてやや湿り気のある日陰で管理するのが良いでしょう。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの植え付け用土

ガーデコ流!では根の呼吸がスムーズに行えるように
通気性の良い「多孔質培養土」をおすすめしています。

…が、ティアレラ・スプリングシンフォニーは乾燥を嫌います。

多孔質培養土はやや乾きやすいので、残念ながら
ティアレラ・スプリングシンフォニーには不向きです。

バーミキュライトやピートモスなど
やや保水性のある資材を配合して植え付けましょう。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの水やり方法

ティアレラ・スプリングシンフォニーは乾燥を嫌う植物です。

よって、水切れは厳禁。

夏越しがやや難しいので、鉢植えの場合は基本的に日陰で管理して
水切れしないように水やりをたっぷりしましょう。

地植えの場合であっても夏場に晴れが続いた場合は
株元にたっぷり水を与えましょう。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの肥料の与え方

ティアレラ・スプリングシンフォニーには春と秋に緩効性肥料を与えるか、
1週間~10日に1度液肥を与えます。

肥料の与え過ぎは逆効果になるので、必要に応じて与えるようにしましょう。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの剪定・切り戻し方法

ティアレラ・スプリングシンフォニーは4月ごろから花が咲きはじめます。
花後は花茎を切るようにして下さい。繰り返し花が咲きます。

基本的に常緑なので強剪定は必要ありませんが、
寒冷地などでは枯れ葉が目立ちます。
そういった場合には春の芽吹き前に強剪定しておくと
綺麗な葉が伸びてきます。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの病害虫防除

ティアレラ・スプリングシンフォニーはほとんど病害虫の被害に遭いません。
完全無農薬でも育てることができますよ。

ティアレラ・スプリングシンフォニーの増やし方・殖やし方

ティアレラ・スプリングシンフォニーを増殖させるのであれば

株分けをするのがオススメです。

地植えの場合は秋~初冬に株を掘り上げて
芽が残るようにして株分けします。

鉢植えの場合も同様です。

ガーデコ流!ティアレラスプリングシンフォニー育て方まとめ

・栽培環境は日陰が適しています。夏場の直射日光と乾燥に注意!

・用土はやや保水性の高いものが良い。乾燥しすぎないことが重要!

・鉢植えの場合、水遣りは定期的にたっぷりと与える!

・地植えの場合も、夏場に晴れが続くようならたっぷりと与える!

・肥料は春と秋に緩効性肥料を。もしくは定期的に液肥を。

・花が咲き終わったら早めに花茎を切りましょう。繰り返し咲きます。

・病害虫の心配はほとんど無いので無農薬でOK!

・株分けで殖やすことができるよ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告