クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)に適した栽培環境とは?


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)に適した栽培環境とは?

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は
どのような環境で育てるのが良いのでしょうか?

日照条件(日向・半日陰・日陰)や地域(暖地・寒冷地)によって
ペトリエイの生育にどのような影響がでるのかをまとめてみます。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)に最適な日照条件は?

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は
日向~半日陰の環境下育てることができます。

日向で育てた場合…良く育ちますが、夏場の直射日光は避ける。

半日陰で育てた場合…十分育ちますが日向と比べやや花付きが劣る。

日陰で育てた場合…うまく育ちません。

日照条件で最も適しているのは日向ですが、
夏場の高温多湿に弱いので鉢植えで管理し
夏場は半日陰で管理をするのが理想です。

半日陰でも十分育ちますが、日なたと比べるとやや花付きに劣るため
生育期の秋(9月~11月)と春(3月~5月)は
十分に日の当たる環境で育てたいですね。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)栽培に最適な地域は?

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は夏の高温多湿にやや弱く、
耐寒性もそれほど強いわけではありません。

よって、鉢植えで管理し
暖地では夏越しに、寒冷地では冬越しに
やや工夫が必要になります。

暖地で育てた場合…十分育ちますが、夏の高温多湿に注意。

寒冷地で育てた場合…十分育ちますが、冬越しに工夫が必要。

暖地で育てている場合は夏越しがやや難しいので、
まずは通気性の良い用土に植え付けることが一番大切です。
夏越しができない主な理由は根が過湿によってダメージを受けることなので、
通気性・水はけが良い用土に植え付けてそれを回避します。

そして、夏は直射日光を避け半日陰で管理します。

通気性の良い用土に植え付けてあれば過湿による根のダメージは少ないので
水やりはしっかりと行います。

寒冷地で育てている場合は冬越しがやや難しくなります。
鉢植えで管理し、冬は室内に取り込んで明るい場所に置きましょう。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)の育て方トップへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告