クレマチス・ペトリエイの植え付け用土


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)栽培に適した植え付け用土

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)の
植え付け用土はどのようなものが適しているのでしょうか?

鉢植え用土、地植え用土と用途別にご紹介します。

クレマチス・ペトリエイの鉢植え用土

ガーデコ流!植物の育て方」では、
鉢植え用土の通気性を最も重視しています。

通気性・水はけの良い用土は余分な水をスムーズに排出して
根が呼吸しやすい環境を整えます。

通気性の良い用土に植え付け、定期的な水遣りをすることによって
根張りが良くなります。

根が張れば水や肥料分の吸収が良くなり
地上部の良好な生育に繋がります。

GarDeco Japan(ガーデコジャパン)では、独自にブレンドした
多孔質培養土」をオススメしていますが、
市販の培養土に多孔質資材(日向土や軽石など)を
3割程度混ぜ込むことで通気性はかなり改善されます。

ぜひ、水はけ・通気性の良い土で育ててあげてください。

クレマチス・ペトリエイの地植え用土

地植えでは鉢植えと違って水やりが不定期もしくは自然の降雨任せになります。
よって、鉢植えよりも保水性を重視した用土が適しています。

土壌改良効果の高い植物性堆肥(腐葉土・バーク堆肥など)を30%~40%、
ゼオライトや珪酸塩白土など良質な粘土鉱物を10%程度、
土壌微生物の棲家となり活性化を促す木炭や籾殻くんたんを5~10%、
元々の庭土に混ぜ込みます。

植物性堆肥に含まれる「腐植」と粘土鉱物が結合することによって
土が団粒構造となり、保水性を十分に確保しながらも
通気性の良い土になります。

ただし、クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は
暖地であれば夏越しに、寒冷地であれば冬越しにやや難があります。

地植えよりは鉢植えで管理した方が
育てやすい植物ですね。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)の育て方トップへ

アドセンス関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告