クレマチス・ペトリエイの剪定・切り戻し方法


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)の剪定・切り戻し方法

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)の
剪定・切り戻し方法をご紹介します。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は
草姿が乱れていなければ剪定しなくてOK。
ただし、花が咲き終わった枝は翌年あまり咲かないので、
新しい蔓(つる)が出てきたら古い枝はカットしてもOK。

クレマチス・ペトリエイ(ぺトレイ)は
クレマチスの中では蔓(つる)があまり伸びないタイプです。
一年で30~40cm程度しか伸びないので
草姿(樹形)はあまり乱れません。

ハンギングで枝垂れさせているのであれば
1~2年は剪定する必要はないでしょう。

鉢植えで育てていてツルが地面に付いてしまうなど
不都合があるようなら古い枝からカットしていきます。

ただし、花後に伸びた蔓(つる)に翌年花を咲かせるので
それは切り戻ししないように注意が必要です。

クレマチス・ペトリエイの育て方トップへ

アドセンス関連コンテンツ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告