ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの育て方


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー( Euphorbia characias 'Tasmanian Tiger' )の育て方・栽培方法

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )は
トウダイグサ科の宿根草(耐寒性多年草)です。

個性的な草姿が人気の宿根草で、
やや灰色がかった葉にほぼ白に近いクリーム色の斑が入ります。
色合いが柔らかいのでフォルムの個性の強さが緩和されて
他の植物との相性も良いです。

早春~春にかけて花を咲かせ、
夏でもキレイなカラーリーフを楽しめ、
冬でも常緑(暖地の場合)。

四季を通して楽しめる宿根草です。

このページでは、「ガーデコ流!」の育て方をご紹介します。

「ガーデコ流!植物の育て方」とは?


ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの基本データ

学名:Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’
別名 : ユーフォルビア・カラキアスなど
分類:トウダイグサ科の耐寒性多年草(宿根草)、冬期常緑種(暖地の場合)
草丈:約60cm
耐寒性:強い
耐暑性:強い
耐乾性:強い
耐湿性:ふつう
日照条件:日向(日なた)~半日陰


ユーフォルビア・タスマニアンタイガー(Euphorbia characias 'Tasmanian Tiger')に適した栽培環境とは?

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )は
日向(日なた)~半日陰の環境で育てることができます。

比較的耐陰性のある宿根草で、シェードガーデンで育てている方もいます。
しかし、高温多湿を嫌うので通気性・水はけの悪い用土に植え付けてあると
夏越しができない可能性が高いです。
日陰は基本的に用土も過湿になりがちなのでその点は気を付けた方が良いでしょう。

日当たりの良い環境で育てた方が花付きが良くなりますよ。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの植え付け用土

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーは
通気性の良い用土を好みます。

鉢植えの場合は水やりをした際に鉢底から水がスムーズに流れ出るくらい
水はけ・通気性の良い用土に植え付けましょう。
市販の培養土に川砂や日向土、桐生砂など水はけを良くする資材を
2割程度混ぜ込むのが良いでしょう。

市販の用土を用いるのであれば、山野草向けの培養土や多肉植物の土などもおすすめです。

地植えの場合も土壌改良としてバーク堆肥を2~3割、
燻炭を1割、多孔質資材を1割程度混ぜ込んで
通気性・水はけの改良を行ってから植え付けを行うと良いでしょう。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの水やり方法

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーは
通気性の良い用土を好む割には水も欲しがる植物です。

鉢植えの場合は通気性の良い用土に植え付けてあれば
生育期は毎日たっぷりと水やりしましょう。

通常の草花用培養土や赤玉土ベースの培養土の場合は
乾燥気味に管理する方が良いでしょう。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの肥料の与え方

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )は
春と秋に緩効性肥料もしくは
液肥を与えると株がしっかりと育ちます。

しかし、夏場の高温期には肥料をストップすることが肝要です。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの剪定のタイミングは?

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )は
早春~春にかけて花を咲かせます。

花が開き切る頃には株元に小さな芽が出来ているはずなので、
その芽を残して短く切り戻します。
そうすることで株姿が整います。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの病害虫防除

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーは
特に目立った病害虫の被害はありません。
完全無農薬で十分に育てられる宿根草です。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの増やし方・殖やし方

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーは
挿し木(挿し芽)で増やすことができます。

ガーデコ流!ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの育て方まとめ

・日向~半日陰で育てることができる。

・用土は通気性の良いものを好む。

・通気性の良い用土ならたっぷり水やり

・通常の培養土の場合は乾燥気味に管理する

・肥料は春と秋に緩効性肥料もしくは液肥を与えます。

・花後に株元から強剪定。

・病害虫の心配は無し。完全無農薬で育てられます。

・挿し木(挿し芽)で増やせます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告