ユーフォルビア・タスマニアンタイガーに適した栽培環境とは?


Twitterでつぶやいています→https://twitter.com/GarDecoJapan

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー(Euphorbia characias 'Tasmanian Tiger')に適した栽培環境とは?

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー
( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )は
どのような環境で育てるのが良いのでしょうか?

日照条件(日向・半日陰・日陰)や地域(暖地・寒冷地)によって
ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの生育に
どのような影響がでるのかをまとめてみます。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーに最適な日照条件は?

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーは
日向(日なた)~半日陰の環境下で育てることができます。

日向で育てた場合…良く育ちます。

半日陰で育てた場合…育ちます。用土の過湿に注意。

日陰で育てた場合…あまり育ちません。

日照条件で最も適しているのが日向の環境です。

日当たりの良い環境で育てた方が
株のボリュームも出ます。

半日陰でも十分に育ちますが、用土の過湿(酸素不足)に注意が必要です。
通気性・水はけの悪い用土に植え付けてあると
夏場の高温期に用土内が酸素不足に陥り根腐れに繋がります。

どの日照条件下でも通気性・水はけの良い用土に植え付けるようにしましょう。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー栽培に最適な地域は?

ユーフォルビア・タスマニアンタイガー( Euphorbia characias ‘Tasmanian Tiger’ )
は栽培地域を特に選びません。

耐寒性・耐暑性ともに強いので
用土の通気性にさえ気をつければとても扱いやすい植物です。
ただし、耐寒性は約-10℃なので
それを下回りそうであれば室内に取り込むようにしましょう。

暖地で育てた場合…日照条件が良ければよく育ちます。

寒冷地で育てた場合…日照条件が良ければよく育ちます。

ユーフォルビア・タスマニアンタイガーの育て方トップへ

スポンサーリンク
レクタングル大広告