白斑ヤブラン・シルバードラゴンの栽培日記・ブログ

白斑ヤブラン「シルバードラゴン」の株元から花茎が…

白斑ヤブラン「シルバードラゴン」の株元から花茎が出てきました。
ミルクブッシュの育て方

ミルクブッシュの育て方

ミルクブッシュは、別名アオサンゴと言われるように多肉質の茎が良く枝分かれして珊瑚に似た独特のフォルムをしています。茎を切ると白濁した樹液が出るため「ミルクブッシュ」と言われています。ミルクブッシュの育て方・栽培方法についてまとめました。
常緑

おすすめの常緑の植物:コロキア・コトネアスター

コロキア・コトネアスター(コトネアステル)は、黒味がかった枝が針金のようにグネグネと曲りながら伸び、グレーの葉色と相まって「渋カッコイイ」雰囲気の常緑低木です。
ユーフォルビア・ブラックバードの栽培日記・ブログ

ユーフォルビア・ブラックバード花後強剪定その後。

ユーフォルビアは花を咲かせ続けると株が消耗してしまうので、梅雨に入る前に剪定(切り戻し)をする必要があります。本来は株元の芽を確認してから剪定するのですが、今回は芽吹きを発見できず…。果たして剪定後どうなったのか?
牛糞堆肥

牛糞堆肥を入れ過ぎるとどうなる?

牛糞堆肥はガーデニングや家庭菜園の土壌改良で非常に良く使われる資材です。土に混ぜ込むことで保水性や保肥力が向上し、土壌微生物が活性化して植物が育ちやすい環境を整えることができます。では、牛糞堆肥を入れ過ぎるとどうなるのでしょうか?
ペトリエイの育て方

クレマチス・ペトリエイが枯れる原因は?

クレマチス・ペトリエイ( Clematis Petriei )は早春の3月~4月にかけてたくさんの花を咲かせてくれる人気の常緑クレマチスです。でも、「すぐに枯れてしまう…」と言うお悩みもチラホラ。クレマチス・ペトリエイが枯れる原因は何なのでしょうか?
多孔質培養土

なぜバーク堆肥なのか?

ピートモスや腐葉土、もみがら堆肥、ココピート、牛糞堆肥、馬糞堆肥など、鉢植え用の土に混ぜ込む有機物(たい肥)には色々なものがありますが、なぜバーク堆肥を選んだかというと…?
多孔質培養土

多孔質培養土(スタンダードver.)完成。

多孔質培養土(スタンダードver.)は、茨城県産の硬質赤玉土をベースとして各種多孔質資材をふんだんに配合することで通気性・水はけに優れ植物の根が呼吸しやすい環境を整えることができる鉢植え用土です。
ピートモス

長繊維ピートモスとは?

長繊維ピートモスとは、ミズゴケやヨシ、カヤなどの植物が長年に渡り堆積し腐食した泥炭を脱水・乾燥してふるい分けしたものです。
牛糞堆肥

牛糞堆肥とは?成分や効果、使い方、完熟堆肥の見分け方について

牛糞堆肥とは、牛(ウシ)の糞尿にワラやオガクズ、もみ殻などの副資材を混ぜ込み 堆積・発酵させた土壌改良資材です。 土に混ぜ込むことで保水性や保肥力が向上し、 土壌微生物が活性化して植物が育ちやすい環境を整えることができます。 こ...
タイトルとURLをコピーしました